血液検査?痛くない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

血液検査は痛いイメージがありますが、技術の進化によって痛みを感じなくなっています。

チクッとする感じは生じるものの、一瞬のことなのであっという間です。

採取する血液は数滴程度ですから、大量の血が流れ出るような心配も皆無です。

痛みでいえば、刃物で指を切ったり植物のトゲが刺さった方が、血液検査よりも痛いと思われます。

それほど血液検査の痛みは小さいので、殆ど無視できる程度の問題だといえるでしょう。

勿論、正しい方法で針を刺す必要はありますが、手順さえ間違えなければ誰でも怖がらずに済みます。

人間ドック並の血液検査で使う針は、とても細く細胞を傷つけにくいので、生じる痛みも小さいというわけです。

刺す深さは浅いですから、そういった意味でも怖がる必要はないといえます。

刺す行為が不要ならその方が良いですが、血液検査には針が不可欠なので、このように痛みが生じにくいものが採用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。